サルの知恵磨き

なるべく誰かに役立てるような記事を書きたいなと思とりますです。。。。

つみたてNISAの始め方~証券会社など金融機関選びや大事なポイント

つみたてNISA始め方がいまいちわからんのやけど!?

2018年1月に始まった「つみたて(積立)NISA」は金融庁肝いりの投資制度です。

金融庁が厳選した投資信託が対象商品であり

  • 販売手数料は無し(ノーロード)
  • 信託報酬・信託財産留保額も安い
  • 分散回数も少ない
  • 総資産総額・基準価格も高い

など一定の基準をクリアした投信を選べるので投資初心者の人も始めやすい資産運用方法です。

他にもつみたてNISAを始めてから20年間は発生した利益に対して非課税である,いつでも途中売却(解約)・再開が可能など様々なメリットがありますが

…どういう始め方をするのが良いのでしょうか?(^^;)

このページでは

  • どの金融機関を選んだら良いのか?
  • おすすめのネット証券
  • つみたてNISAの始め方のポイント
  • 投資信託の選定方法

などを紹介していきますね。

つみたてNISAが資産運用におすすめと聞いた事はあるけど投資をした事の無い人はどこで申し込みをしたら良いのかわからないですよね。 将来の自分の為につみたてNISAの始め方を見ていきましょう(^^)

つみたてNISAの始め方①~金融機関を選ぶ


f:id:saru-san:20191019143048p:plain
つみたて(積立)NISAの対象金融商品は「投資信託」です。

2018年1月から開始されてからネット証券,大手銀行,ゆうちょ,店舗証券など多くの金融機関がつみたてNISAの口座開設を実施しています。

まず最初につみたてNISAを始める注意点として「金融機関によって取扱い投資信託の数が異なる」という事を認識しておく必要があります。

「私は○○銀行に口座があるからそこでつみたてNISAの口座開設すれば良いか」 「今日郵便局でつみたてNISAの申し込みをおすすめされたからやってみようかな」

とあまり考え無しで口座開設の申し込みをしてしまうと…

取引できる投資信託が少なかったぁ!!

という事にもなりかねませんので,つみたてNISAは金融機関を注意しながら選ぶという始め方が必要です

参考に各金融機関が取扱っている投資信託の数を見ていきましょう。

取扱い投資信託数

[ネット証券]

楽天証券 132(2018.5月時点)
マネックス証券 123(2018.5月時点)
SBI証券 126
松井証券 70

<大手銀行>

三菱東京UFJ銀行 12
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
りそな銀行
三井住友銀行

<店舗証券>

大和証券 15
野村證券
みずほ証券

<その他>

イオン銀行 12
中央労働金庫 10

このように金融機関によって取扱い数にかなり違いがあります。 (主に2018年1月時点)

1人1金融機関でしか開設できない


f:id:saru-san:20191019143140p:plain
つみたてNISAの始め方を知るにあたり,最大の注意点として1人1金融機関でしか開設できないという制度を認識しておきましょう。

例えば○○銀行でつみたてNISAの口座開設をして他の証券会社にある商品(投資信託)が欲しくなり,口座開設しても,つみたてNISA口座は利用できません。

上記で書いたように投資初心者の人で「私は○○銀行の口座を持っているから」と取扱い数の少ない金融機関を選んでしまうと,後々投資の知識が付いてきて他の投信が欲しくなった時に購入できないといった事態も起こり得ます。

投資初心者で口座を持っていない人は、まず最初の始め方としてネット証券など取扱い数が多い金融機関を選ぶ方が無難だと思われます。

一定の期間(1年)を経過後,手続きをすれば違う金融機関でもつみたてNISAを始めることはできますが,それまで利用していた取引所では取引できなくなります。 最初から取扱い数の多い金融機関ならその手間も省けるので効率的な始め方と言えます。

つみたてNISAの始め方②~ネット証券を選ぶ


f:id:saru-san:20191019155830p:plain
上記の通り、つみたて(積立)NISAは金融機関によって取扱い数に大きな差があります。

そこで今回は100種類以上の投資信託が取引できる「ネット証券」に話を絞ってつみたてNISAの始め方を紹介させてもらいます。

※銀行に甥っ子が働いていて,「つみたてNISAを始めて!」とお願いされたんだ!という人は…すいません。

まずは証券総合口座を開設!

つみたてNISAを始めるにはまず各証券会社の「総合口座」を開設する必要があります。

今回紹介する証券会社は口座開設費・維持費・年会費などは一切掛からず無料であり途中売却も可能なので,まだ総合口座を作っていない人は先に開設しておきましょう。

楽天証券で口座開設

まず楽天証券でのつみたてNISAの特徴をザックリと紹介すると

  • 業界トップクラスの投信取扱い数!(132本)
  • ☞100円から積立開始できる!
  • ☞充実した様々な投資方法がある!
  • ☞スマホアプリで投資の値動きを確認できる

楽天証券ではつみたてNISAで取引可能な投資信託が132銘柄あり,100円から投資を開始できます。

積立代金を楽天スーパーポイントで支払う事ができ,3,000円プレゼントキャンペーンなどのサービスも実施中です。

楽天証券の評判


f:id:saru-san:20191017075822p:plain
[30代 会社員]

業界トップクラスの投信取扱い数に満足!

将来の為にそろそろ貯金を始めようと思っていたところ,資産運用方法の「つみたてNISA」という投資をネットで発見しました。

興味が沸いたので色んな証券会社を調査してみると楽天証券が投資信託の取扱い数が多く,100円という少額でも取引が可能という事で口座開設して始めてみました。

※インデックス型・アクティブ型ファンド共に色んな種類の投信が購入できて信託報酬手数料なども安いので無難に楽天証券にして良かったと感じています!


※インデックス型ファンド⇒東証株価指数やTOPIXなどの指標と同じように値動きする投資信託

アクティブ型ファンド⇒投資のプロが目標とする指標を上回る値動きを目指して運用する投資信託



f:id:saru-san:20191017200922p:plain
[30代 OL]

カスタマーセンターが親身になってくれた!

投資は今まで経験したことが無く,どこか怖い印象もありました。でも銀行に1%にも満たない利子でお金を預けているより将来の為を考えると「つみたてNISA」で投資信託を買ってみる方が自分の為になると思い,「楽天」という日常でも馴染みのあるネームバリューに惹かれ楽天証券でつみたてNISA口座を開設しました。

投資初心者で不明点が多数合ったのでカスタマーセンター(NISA・マイナンバー専用ダイヤル)に問い合わせをしたら親身になって丁寧に相談にのってくれました!



f:id:saru-san:20191019184119p:plain
[50代 工場勤務]

老後資金を今のうちに!

世間では「将来貰える年金が減額されるのでは…?」という悪い噂や評判もあり老後資金を自分で蓄えていくのに効率の良い資産運用方法は無いものかと探していたら2018年から始まった積立NISAの事を知りました。

楽天証券で投資経験があり総合口座は昔から開設していたので楽天公式ページでつみたてNISA口座開設手続きを実施しました。

各ページの記入方法などが見やすくわかりやすかったのでスムーズな口座開設が可能でした。


その他詳細はこちら♪ saru-san.hatenablog.com

マネックス証券で口座開設

マネックス証券

マネックス証券の特徴をサクッと紹介すると

  • ☞人気の「ひふみプラス」も取引可能!
  • ☞100円から積立開始できる!
  • ☞充実した様々な投資方法がある!
  • ☞スマホアプリで投資の値動きを確認できる

マネックス証券も123本の投資信託が取引可能であり,100円から投資を開始できます。

投信積立トリプルキャンペーンを実施中で7月15日までエントリーが可能です。

こちらも口座開設・年会費・維持費は無料です。

スマホで気軽に投資状況を確認できるのは嬉しいですね(^^)

サイト自体が見やすく投資信託が選びやすいという評判が多いです。

マネックス証券の評判


f:id:saru-san:20191017075822p:plain
[30代 会社員]

投資信託が選びやすい!

社会人なり立ての20代は投資に回せるお金も考える余裕もありませんでしたが,30代になり仕事にも慣れ,金銭面でも少しゆとりができてきたので効率的な資産運用方法を考え始めました。

そんなある日,本屋でつみたてNISAの事を知り,帰宅後ネットで取扱っている証券会社をそれぞれ調べてみるとマネックス証券の公式サイトが1番取扱っている投資信託を選びやすいと感じました!

つみたてNISA開始時(2018年1月)から取扱い投信の数も増加しており各種手数料・分配金の頻度・週間売れ筋ランキングなど投資信託の様々な情報が掲載されているので選びやすいです!



f:id:saru-san:20191017075822p:plain
[30代 男性 IT関連]

頻繁に関連ニュースが更新される!

つみたてNISA対象ニュースなどがマネックス証券では他証券会社より頻繁に更新されており,投資を行なっていく上で情報収集がしやすいので有利だと思います。

疑問点や少し細かい質問などは問い合わせメールを送ればすぐ返信してくれるし,予め投資者が困りそうな質問内容も公式ページでは用意されています。

つみたてNISA開始当初,マネックス証券は他の証券会社より取扱い投資信託は少なかったのですが毎月取扱い数が増えているのも口座開設の決め手になりました。



f:id:saru-san:20191017200922p:plain
[30代 女性]

企業理念が魅力的!

ゆうちょや銀行よりも,つみたてNISAはネット証券で口座開設した方が100種類を超える投資信託が選べるので「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」3社のどこにしようか迷っていました。

NISA口座は1人1口座しか開設できないので慎重に選ぼうと各証券会社の公式サイトを見ていると,「一足先のマネー」という企業理念のマネックス証券に親しみと魅力を感じ口座開設する事を決めました!

投資信託も選びやすいので初心者には助かる証券会社だと思います!


その他詳細はこちら♪ saru-san.hatenablog.com

SBI証券で口座開設

SBI証券の特徴をサクサク紹介すると

  • 業界トップクラスの投信取扱い数!(126本)
  • ☞100円から積立開始できる!
  • ☞充実した様々な投資方法がある!
  • ☞スマホアプリで投資の値動きを確認できる

SBI証券では業界トップクラスの126本の投資信託が取引可能です。

投信の残高によってポイントも貯まります(^^)

つみたてNISAの始め方~ポイントまとめ

以上の事を踏まえて,つみたてNISAの始め方に関するポイントに付いて紹介させてもらいます。

  • 口座開設する金融機関の取扱い投資信託数を確認する
  • 利用したい投信が対象金融機関にあるか確認する
  • 各サイトページの見やすさ・利便性
  • 関連ニュースなどの多さ

これらは口座開設する時に最低限抑えておきたいポイントです。

投資中級者の人は自分が購入したい投資信託が対象金融機関にあるかどうかも大事になってきます。

公式サイトを見て自分が見やすい・分かりやすいと思える証券会社を選ぶのも大切ですね 最初から取扱い投資信託が多いネット証券を選べば,投資に慣れてきて,もっと違う投信を運用してみたいと思った時にも効率的な始め方です(^^)

つみたてNISAの始め方③~投資信託の選定方法


f:id:saru-san:20191019185013p:plain
つみたて(積立)NISA口座を開設し「ログインID」「パスワード」を取得したら次は自分で投資信託を選んで実際に売買取引を行ないます。

ここからは投資信託を選ぶ際に参考にしたいポイントを紹介していきますね。

投信を選ぶ際に(世間一般的におすすめされている)目を通して置くべき箇所などはどのようなところなのでしょうか? 投資上級者の人やネット証券担当者などが当たり前のように見ている投資信託の要点を見ていきましょう。

ポイント①~インデックス型かアクティブ型か


f:id:saru-san:20191019181845p:plain
つみたてNISAで投資信託を選ぶ際,最初の目安として

  • インデックス型ファンド
  • アクティブ型ファンド

この二つのタイプを認識しておく必要があります。

<つみたてNISAの取扱い投信の数>

  • インデックス型⇒126本
  • アクティブ型⇒15本
  • ETF(上場株式投資信託)⇒3本

(2018年2月時点)

インデックス型ファンド


f:id:saru-san:20191019185446p:plain
日経平均株価(日経225)やTOPIX(東証株価指数)の指数に連動するように運用されている投資信託です。

パッシブ(消極的)投資とも呼ばれ手数料などのコストが低く,ローリスクローリターンの運用方法です。

定められた指数に寄り添いながら上昇(下降)していきます。

つみたてNISAでは,取扱い投資信託のほとんどがインデックス型ファンドです

<参考例>

  • たわらノーロード 先進国株式
  • 野村つみたて日本株投信
  • ニッセイTOPIXオープン

アクティブ型ファンド


f:id:saru-san:20191019185555p:plain
予め定められた指標を上回るように運用される投資信託です。

これは対象の投資信託を扱うファンドマネージャーによって成否が決まるハイリスク・ハイリターンな投資方法です。

もしアクティブ型ファンドを購入したい初心者の人は運用する人の手腕が確かなのかを調べる必要があるでしょう。

<参考例>

  • ひふみプラス
  • コモンズ30ファンド
  • のむラップ・ファンド(積極型)

肉食系(アクティブ型)か草食系(インデックス型)かに似ていますかね?(^^;) 肉食系(アクティブ型)は成功する時はするしフラれる時はビンタモノです…(値動きが激しい)

インデックス型の方が利益率が高い?

投資信託は長期運用が向いている金融商品であり,短期的な利益はそれほど望めません。

「消極的投資」というマイナスにも聞こえる別名なので,初心者の人はアクティブ型ファンドの方が利益率が良いのでは?と思う人も多数いますが,長い期間で見ると結果的にインデックス型ファンドの方が利益率が高いというデータも過去にはあります。

ポイント②~総純資産額と基準価額


f:id:saru-san:20191019181850p:plain
(参考:マネックス証券)

投資信託の運用状況や実績を知るためには「総純資産額」と「基準価額」を参考にします。

純資産総額

運用状況や(対象投信の)人気や規模を知るバロメーターになります。

純資産総額=日々の運用実績や分配金額などによって信託財産が増減した結果残った残高です。

<参考例>

  • たわらノーロード 先進国株式⇒22,586百万円
  • SMT 日経225インデックス・オープン⇒17,609万円

(2018年6月2日時点)

この純資産総額が高いと「人気のある投資信託なんだな」と判断する基準になります。 ただし金額が高いからと言って必ず将来値上がりすると100%保障されているわけではないので注意が必要です。

基準価額

投資信託の価値を把握する判断材料として「基準価額」があります。

この基準価額が購入する際の「値段」であり,「純資産総額÷総口数=基準価格」となります。

※口数⇒投資信託を売買する際に使用する単位

<参考例>

  • たわらノーロード 先進国株式⇒12,155円
  • SMT 日経225インデックス・オープン⇒26,078円

(2018年6月2日時点)

基準価額は最初1万円から開始され,その後運用実績によって変動します。 1万円を大きく下回る投資信託は…あまり上手く言ってないのかなと(私は)判断してます(^^;)

目論見書に目を通す


f:id:saru-san:20191019190128p:plain
投資信託にはそれぞれ「目論見書」があります。

言い換えれば「投資信託の説明書」です。

対象投資信託の

  • 主な目的や特徴
  • 抱えるリスク
  • 過去の運用実績
  • 各手数料などのコスト

などが記載されています。

投資初心者の人が投資信託を購入する際は,目論見書を読み自分が買おうとしている対象商品をきちんと把握しておくのも大切です。 野菜で例えると国産か否か,作り手はどんなおじさんか(にこやかか?こわもてか?)…などですかね?(例え話わかりにくいですか?笑)

金融商品は情報開示が義務付けられている!

投資信託などの金融商品は投資家が適切な判断を下すために情報開示(ディスクロージャー)する事が法律で定められています。

ポイント③~各種手数料


f:id:saru-san:20191019181855p:plain
投資信託を購入する際,通常では3種類の手数料が掛かります。

…が!

<各種手数料>

一般の投資信託 つみたてNISA
販売手数料(購入時) 0~3% 無し!(ノーロード)
信託報酬(維持費) 年0.5~2.5% 年0.1~1.5%
信託財産留保額(売却時) 0~0.5% 0~0.5%

つみたてNISAは金融庁が定めた一定の基準をクリアした投資信託が対象商品であり,手数料も安い事も基準なのであまり気にする必要はないかもしれません。

信託報酬率や信託財産留保額に関しては取り扱い金融機関に表記されているので確認してみましょう。

<参考例~信託報酬率の場合>

  • ひふみプラス⇒純資産総額に対して 最大1.0584%以内42,504円
  • たわらノーロード 先進国株式⇒純資産総額に対して0.216%
  • SMT 日経225インデックス・オープン⇒純資産総額に対して0.3996%

(2018年6月2日時点で年率・税込)

ポイント④~分配金


f:id:saru-san:20191019181858p:plain
分配金とは投資信託購入者に配分されるお金です。

純資産総額から支払いが行なわれ,年間の分配回数は投資信託によって異なります。

<参考例>

  • ひふみプラス⇒年1回
  • たわらノーロード 先進国株式⇒年1回
  • SMT 日経225インデックス・オープン⇒年2回

分配回数が多くても喜べない?

投資信託によって分配回数は異なり,多ければ多いほど分配金が振り込まれるので我々投資者には嬉しいように思えますが,必ずしも運用によって得た利益から支払われているわけではありません。

例え運用状況が悪くても定めた分配金は支払わなければいけないので利益が出ていない場合は純資産総額から支払われ必然的に全体の資産額や評価が下がります。

分配回数が多く通帳にお金が振り込まれるのは嬉しく感じますが,それが利益から発生しているのか,純資産額を削って支払われているのか判断する必要があります。

まとめ~つみたてNISAの始め方

今回はつみたて(積立)NISAの始め方~金融会社選びからその他のポイントまで紹介させてもらいました。

つみたてNISAは投資初心者向けの資産運用方法であり,金融庁が対象の投資信託を厳選してくれているなど様々なメリットがあります。

また年間の上限金額も40万円までと定められているので,それほど大コケする心配も少ないかな?と思います(^^;)

投資の世界に触れる最初のキッカケとしても良い制度だと思うので,とりあえず始めてみようかな?と思う人はまず金融機関を選んで総合口座を開設してみて下さいね。

あぁすれば良かった…と思える始め方をなるべくしないようポイントを押さえて、将来の自分に無課税のお金をプレゼントしてあげましょう(^^)

無料で投資の世界に触れてみるなら

口座開設は0円で可能!