サルの知恵磨き

なるべく誰かに役立てるような記事を書きたいなと思とりますです。。。。

つみたてNISAとは?投資方法を初心者でもわかりやすく実況解説!

つみたてNISAとは一体どんな投資方法なんだ??

「投資」と聞くと,どこか身構えてしまいませんか?(^^;)

「なんだか難しそう…」 「失敗したら大損するんでしょう?」 「勉強しないと駄目なんじゃない?」

投資をした事の無い人にはあまり印象が良くないイメージがあります。

そこで今回「つみたて(積立)NISA」という初心者でも安心に,そして簡単に開始できる方法を紹介します!

…すでに不安を思えますかね?(^^;)

安心に!簡単に!という言葉は確かに怪しい要素満載です。

ただ「つみたて(積立)NISA」は金融庁が練りに練って作り上げた素晴らしい制度なのです(^^)

このページでは

  • つみたてNISAとは一体どういった制度なのか?
  • どんな人におすすめなのか?
  • 金融庁お墨付きの制度なのはなぜか?
  • つみたて(積立)NISAのメリット・デメリット
  • 関わってくる投資用語の解説

などをできるだけわかりやすく解説しよう!と心掛けています。

つみたてNISAは投資未経験の初心者の方が「はじめの1歩」として入り込みやすい方法だと思うので良かったら参考にして下さいね(^^)

私が「つみたてNISAとは何か?」を知るキッカケになったのは父さんでした。 若い間に「自分でお金を管理する」という手段と「初心者でも始めやすい投資方法」を教えてくれましたね。 年金制度が崩壊しつつある今,私にも有益な資産運用方法を示してくれたのでしょうね(^^)

つみたてNISAとは


つみたてNISAとは
まずつみたてNISAとは何か?その概要をサッと見ていきましょう。

投資名 つみたて(積立)NISA
開始日 2018年1月
対象者 満20歳以上の日本人
投資対象 投資信託
最低利用金額 月100円~ ※金融機関によって異なります。
購入可能金額 年間40万円まで
特徴 長期・分散・積立投資
主なメリット 20年間非課税である いつでも解約可能である

つみたてNISAとは2018年1月から開始された金融庁肝いりの制度です。

金融商品の「投資信託」を長期間に渡って積み立て投資をする事で効率的な長期資産運用を日本国民にうながす新しい方法です。

投資信託とは?

投資信託とは⇒投資家が出資したお金(資産)を運用のプロであるファンドマネージャー(金融商品を扱う専門家)が株式・国債・債権などに代わりに投資・運用し,それによって生まれた利益を投資家に還元してくれる金融商品です。

要するに投資のプロが出資者に代わってお金を運用してくれるのです。

日頃,仕事などが忙しくて勉強ができない,投資の事が良くわからない人には便利な金融商品ですね。

つみたてNISAとは20歳以上の日本人なら誰でも開始可能な方法であり,初心者でも始めやすく年間で購入できる金額も40万円までと定められています。

そして開始して最大20年の間は投資によって得た利益に対して非課税であるのが大きな特徴です。

更にはいつでも解約可能なのも大きな特徴ですね。

その為,「自分には合っていない」「急な出費が必要になった」などつみたてNISAをやめたくなった時はいつでも解約できます。

いつでも解約できる,投資によって得た利益に税金が20年間はかからないといった事に加え上限金額があるのも大きな特徴です。

調子に乗ってお金を回しすぎてしまう人がいても制限が掛けられているので…調子に乗れませんね(^^;)

つみたてNISAとは?こんな人におすすめ!

つみたてNISAとはどんな人におすすめなのか?

書籍や証券会社を参考にしながらご紹介します。

  • 投資初心者の人
  • 仕事などが忙しく時間が無い人
  • 妊婦や年金支給に不安を感じている人
  • 定期預金しかしていない人
  • 長生きすると思う人

投資初心者の人


投資初心者の人
投資を今までやった事の無い初心者の方が個人的に「株や債権」などを購入してすぐに利益を出すのは難しいものです。

パチスロの世界などでは「ビギナーズラック」で初心者がいきなり儲ける事もあるようですが投資の世界で初心者がこれから上昇しそうな会社を見つけその株式を購入するというのはなかなかハードルが高いでしょう。

私も投資初心者の頃,最初何もわからず株を買って2万円ほど損をした覚えがあります(^^;)

その点つみたてNISAなら最初から投資のプロが代わりに運用してくれるので初心者にはおすすめの方法です。

つみたてNISAで利益が出て,投資に興味が沸けば自分で勉強して個人的に購入するという事もできます。

つみたてNISAとは,その最初の一歩,投資の世界に触れるキッカケとして,初心者向きの方法と言えるのでは?と思います(^^)

仕事などが忙しく時間が無い人


仕事が忙しい人
「今後の将来の為に投資は学んだほうが良い」と色んなお金の本や成功指南書で書かれていますが,いざ勉強しようと思っても仕事や家事などで忙しく勉強時間が作れないという人も多いと思います。

チャートの見方を学び,ローソクの窓が開いたら価格上昇する

…など専門用語が並ぶ投資の勉強をするのは多くの時間が割かれます。

つみたてNISAとは忙しくて学ぶ時間が無い人でも安い手数料と維持費で投資のプロが運用してくれる方法なのです。

投資はやってみたいけど,勉強する時間が取れない人におすすめです。

妊婦や年金支給に不安を感じている人


妊婦
例えば今妊娠している女性がお腹の中の子供が大学に進学する時の費用としてお金を貯めておく方法としてもつみたてNISAはおすすめできます。

つみたてNISAとは20年間非課税で資産運用できる長期の投資方法だからです。

今「ゼロ金利」と呼ばれる時代で預金を銀行に預けていてもほとんど金利は付きません。

子供学費捻出のために毎月コツコツ銀行にお金を預けるのも堅実ですが,つみたてNISAで将来,利益分の資産を得るのも賢い選択と言えるでしょう。

また年金支給が今現在苦しい人,40歳前後の人で老後の資金が心配な人も,つみたてNISAで老後に備えて資産運用するというのも1つの方法です。

私の父は現在65歳で仕事を退職しましたが年金支給額が少ないようで,NISAを始めていると言っていました。 65歳でまだまだ動ける身体ではあるものの,10年・20年後に動けなくなった時のためにスタートしていたそうです。(仕送り頑張りますね…)

定期預金しかしていない人


定期預金
現在の日本では定期預金の金利は2017年で0.03%しか無く,昔の6.39%(1991年)から大幅に下落しています。

他にも「国債」や「生命保険」なども利率は下落する一方で将来的な利益を得るのは難しい時代になりました。

昔は「銀行に預けていればお金が増えた」

「投資なんて怖いからできない」

と言った意見も利率面などを見れば理解できるのですが今の時代では効率的な資産運用とは言えないでしょう。

将来の資産形成のために,金融庁が創設したつみたてNISAを利用する事は合理的な選択と言えます。

長生きすると思う人


老人さん
今や日本人の平均寿命は 男性⇒80.98歳 女性⇒87.14歳 まで伸びています。

長生きできる事は確実に喜ばしいことですが,身体が動かなくなる・お金を稼ぐ事ができなくなるという事実も否定できません。

「老後破綻」という言葉も良く聞くようになった昨今,長生きすると思う人は自分で将来に向けて効率的な資産形成をする事が必要となっています。

つみたてNISAとは,その方法の1つとして効率的な資産運用方法です。

…と言ってもなかなか自分がおじいさんになった時の事まで考えられないですけどね(^^;)

昔,私は友達が老後の計画を話しているのを聞いて驚いた覚えがあります。

何にせよ選択肢として,つみたてNISAとは何か?を知っておくのも間違っていないでしょう。

つみたてNISAとは~金融庁お墨付きなのはなぜ?



つみたてNISAとは金融庁お墨付きの金融商品です。

それはなぜなのか?

そこには投資信託の持つ問題点を改善すべく金融庁みずから創設した制度だからという背景があります。

今までの投資信託の問題点とは?

投資信託は小額から分散投資ができる魅力的な商品であることは相違無いのですが,その分「手数料」が高く利益が出にくくなるなど長期で資産運営するには向いていない商品でした。

投信で発生するコストは主に2つあります。

  • 販売手数料⇒投信を購入する時に掛かる手数料
  • 信託報酬⇒資産の運用や管理を行なってくれている運用会社・販売会社・受託会社に支払う手数料(維持費)

この2つの手数料が高くコストが掛かりすぎるとして信託は長期保有するには不向きな商品でした。

そしてこの「販売手数料が高い」事を良い事に多くの銀行や証券会社は多額の資産を持つ投資者に対し,手数料が高い投信を勧めて売買させてお金を得る「手っ取り早く稼ぐ方法」が蔓延してしまってたのです。

金融庁長官みずから呼びかけ

金融庁長官の森 信親(もり のぶちか)さんはかつて講演で金融機関に対し「顧客本位の業務運営」を呼びかけていました。

お客様(投資者)のためを考えた商品・サービスを提供しろ!

という事を訴えていたのです。

(投資信託がコストの掛かる金融商品だから)日本の家計資産の金融資産全体の運用率がいつまで経っても上がらないじゃないか(一般家庭で投資が浸透していない)

アメリカなどでは家計資産の金融資産全体の運用率はここ20年で132%も上がっているのに…(日本はわずか19%)

日本とアメリカの歴然たる差も投信の組成・販売のやり方が一因になっているのではないか?

なども講演で発言しています。

そして,この状況を打破すべく金融庁は「個人の資産形成を支援するための税制上の優遇措置」として「つみたて(積立)NISA」を創設したのです。

金融庁がそこまでして創設した「つみたてNISA」なら

  • 投資できる商品が金融庁が定める条件を満たした投信に限定されている
  • 販売手数料ゼロ・信託水準は一定水準以下

など手数料が大幅に削減され「長期保有・積立・分散投資」に適した商品のみが厳選して販売されています。

この手数料が安いという点が初心者や幅広い年代の人にも利用しやすい仕組みだと金融庁は説明しています。

今までは投信を長期保有しようとしても各手数料が高くてそれほど利益があげられなかったのですね…。 それに比べ,つみたてNISAなら金融庁厳選の手数料の低い投信しか扱われていないので利益が出やすいのです!

つみたてNISAとは?メリット・デメリットを解析!



これまでにも色々つみたてNISAとは何か?について解説してきました。

それも踏まえメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・自動的に長期・分散・積立が可能 ・税率が20年間非課税である ・いつでも解約可能 ・金融庁が承認した投信のみ購入できる

メリット①~自動的に長期・分散・積立が可能



投資で成功する方法として「長期・分散・積立」が挙げられます。

投資初心者の方がよくしてしまう失敗として1つ~ごく少数の株式を購入し「株が下がったor違う銘柄の方が良かった」など一喜一憂してしまう点です。(最悪,投資した会社が潰れてしまい無価値になってしまうことも…)

リスク回避方法として分散投資が推奨されています。

つみたてNISAの魅力として運用のプロが自動的に世界中の株式に分散投資してくれます。

長期・積立を利用するかは出資する人によりますが,小額でも投資でき,その後はプロが運用してくれるつみたてNISAなら無理なく続ける事ができるでしょう。

メリット②~税率が20年間非課税である



つみたてNISAは通常の株式投資や投資信託と違い20年間非課税で運用できます。

通常,株式投資や投資信託などは収益の20%が課税されます。

例えば100万円の収益があったとしても20%の課税率なら

⇒100万円×20%=20万円が税金として徴収されます。

実際に自分に入ってくるお金は80万円です。

これに対し,つみたてNISAなら100万円の収益があったならそのまま自分に100万円入ってきます。

投資によって得た収益に税金が掛からないのは嬉しい制度ですね(^^)

仮想通貨は結構な税金が取られるのに…。 (今関係ないですね)

メリット③~いつでも解約できる



つみたてNISAとはいつでも解約できる投資方法と言うのも大きなメリットでしょう。

少し話がずれますが,最近のネット通販商品などは初回購入金額は安くても3~4ヶ月の定期購入が義務付けられている商品が溢れています。

もしその商品が自分に合わなくても義務とされている期間は買い続けなければいけません。

自分に合わなければすぐに解約できるというのも消費者からすれば大切な要素です。

つみたてNISAとは,もし「自分に投資は向いてない」「急な出費が必要になってお金が必要だ」という時でも解約可能な方法なので,いざという時でもやめられるのは大きなメリットでしょう。

iDeCoとは?

つみたてNISAとよく似た制度を持つ方法として「iDeCo(イデコ)」があります。

詳細はまた別ページにて書かせてもらいますが簡単に言うと「自分年金作り」を目的とした資産運用方法です。

つみたてNISAと同じように運用によって得た利益に対して非課税であり他にも様々なメリットはあるものの,60歳を過ぎるまでお金を引き出せないという特徴があります。

このiDeCoを始める場合はしっかり計画をたててお金を投資しなければなりません。

メリット④~金融庁が承認した投信のみ購入できる



現在国内には6,000本以上の投信があります。

しかし金融庁が定めた規定をクリアし,つみたてNISAで購入できる投信はわずか138本(2018年1月時点)しかありません。

つみたてNISAとは,いわば厳選された投信が,購入可能な投資方法なのです。

選ぶ側としては凄く効率が良く助かりますよね(^^)

自分で6,000本以上の投信の良し悪しを選ぶのは労力が掛かりますし,投資を始めたばかりの初心者の方は何を基準に選んだら良いのかさえわからないでしょう。

つみたてNISAとは証券会社によって選べる投信の数は変わってきますが,どれも金融庁によって選ばれた戦士達(投信)なのは間違い無いです。

デメリット

・1人1金融機関でしか開設できない ・商品の入れ替えができない

デメリット①~1人1金融機関でしか開設できない



つみたてNISAを売買できる証券会社は多数ありますが,1人1金融機関でしか開設できないというデメリットがあります。

例えばSBI証券で開設して他の証券会社にある商品が欲しくなり,新たに口座開設しても,つみたてNISAは利用できません。

デメリット②~商品の入れ替えができない



つみたてNISAには年40万円という枠(上限)があります。

もし投信を選んで40万円分購入している場合,新たな商品を選んでも非課税対象にはならないのです。

例えば2018年に40万円分の投信を購入して,その後売却しまた2018年内で新たに20万円の投信を購入しようと思ってもそれは,つみたてNISAの特徴である「非課税」対象商品にはなりません。

もうすでに40万円という枠(上限)を使ってしまっているからです。

つみたてNISAとは長期保有が目的の投資方法なので頻繁に商品を入れ替えたりする事は少ないかもしれませんが年間40万円という上限の中で取引をするというのは覚えておきましょう。

スイッチングとは?

スイッチングとは自分が保有している金融商品を売却し新たなモノを購入する事です。

Aの投信を買ったけどBの方が将来性が良いと思った時にAを売って新たにBを買う事を投資用語で「スイッチング」と呼びます。

つみたてNISAとは~始め方を検証!

つみたてNISAを始めるにはネット証券・銀行・ゆうちょなどで専用の口座を開設する必要があります。

…が金融機関によって取扱い投資信託の数がかなり違います。

<取扱い投資信託数> [ネット証券]

楽天証券 132(2018.5月時点)
マネックス証券 123(2018.5月時点)
SBI証券 126
松井証券 70
<大手銀行>
三菱東京UFJ銀行 12
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
りそな銀行
三井住友銀行
<店舗証券>
大和証券 15
野村證券
みずほ証券
<その他>
イオン銀行 12
中央労働金庫 10
このように金融機関によって取扱い数にかなり違いがあります。 (主に2018年1月時点)

将来,投資に慣れてきた時に「欲しい投資信託ができたけど(口座開設した)金融機関では取扱ってなかった…」という事態を防ぐため今回は「ネット証券」を紹介させてもらいますね。

「私は○○銀行の口座があるから」と取扱い数が少ない金融機関でつみたてNISAを始めてしまうと選択肢が少なくて後悔するかもしれません(^^;)

どこの金融機関も無料で開設できるなら取扱い数が多いところが確実に良いですよね。

始め方①~楽天証券



楽天証券の特徴をザックリと紹介すると
  • 業界トップクラスの投信取扱い数!(132本)
  • 100円から積立開始できる!
  • 充実した様々な投資方法がある!
  • スマホアプリで値動きを確認できる
楽天証券ではつみたてNISAで取引可能な投資信託が132本あり,100円から投資を開始できます。

年会費・維持費などは一切掛からず,もちろん無料で口座開設ができます。

またつみたてNISAだけでなく先物取引や株式投資など様々な取引が可能です。

投資に慣れてきて他の方法でも取引したくなった時に1度口座開設しておけば手間要らずですね(^^)

積立代金を楽天ポイントで支払えるので日頃から楽天グループを利用している人には便利な証券会社です。

口コミなどの詳細はこちら♪ saru-san.hatenablog.com

始め方②~マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券の特徴をサクッと紹介すると

  • 123本の投信取扱い数!
  • 人気の「ひふみプラス」も取引可能!
  • 100円から積立開始できる!
  • 充実した様々な投資方法がある!
  • スマホアプリで値動きを確認できる
マネックス証券も123本の投資信託が取引可能であり,100円から投資を開始できます。

投信積立トリプルキャンペーンを実施中で7月15日までエントリーが可能です。

こちらも口座開設・年会費・維持費は無料です。

スマホで気軽に投資状況を確認できるのは嬉しいですね(^^)

サイト自体が見やすく投資信託が選びやすいという評判が多いです。

口コミなどの詳細はこちら♪ saru-san.hatenablog.com

始め方③~SBI証券

SBI証券の特徴をサクサク紹介すると

  • 業界トップの投信取扱い数!(126本)
  • 100円から積立開始できる!
  • 充実した様々な投資方法がある!
  • スマホアプリで値動きを確認できる
SBI証券では業界トップの126本の投資信託が取引可能です。

年会費・維持費などは一切掛からず,もちろん無料で口座開設ができます。

つみたてNISAに限らず業界最高水準の投資信託が取引可能です。

投信の残高によってポイントも貯まります(^^)

つみたてNISAとは~その他の投資用語の解説



最後につみたてNISAに関わってくるであろう投資用語を紹介しておきます。

ノーロード

ノーロードとは?

ノーロードとは投信の販売手数料がゼロの事を指します。

これまで投信を購入する際,販売手数料が発生していましたが,つみたてNISAではゼロ(ノーロード)で購入できます。

ノーロードは投資化には嬉しく,投信販売者には少し悩ましい(?)制度ですね。

つみたてNISAとは顧客本位の金融商品ですからね。

リバランス

リバランスとは分散投資していた資産が相場変動によって偏りができた際,元の分散投資率に戻す事です。

例えば100万円でA投信とB投信を50%ずつ購入したとします。

1年後A投信が30%の価格上昇しB投信が10%価格下落した場合全資産額は110万円になり

A投信=65万円

B投信=45万円となります。

このずれた資産配分をまた50%ずつに戻すためA投信を10万円売却しそれによってB投信を10万円購入しA,B共に55万円(50%)に戻すことを指します。

リバランスは「なぜ上昇している投資商品を売却してまで下落しているモノを買い足さなければいけないのか?」と疑問に思う人が多いです。

…が投資の相場は先を読むのが難しいものです。例の場合でもA投信よりB投信の方が利益を出す逆のパターンも将来的にあり得ます。

常にバランスよく分散投資していく事で総資産が一気に下落したりするリスク回避が目的で実施されます。

分散投資のつもりが,いつのまにか1つの銘柄に投資資金が偏っていたら相場変動で資産を一気に失う危険性がありますものね。

リバランスは機会的に行なう事が推奨されています。

まとめ~つみたてNISAとは?

今回は2018年から開始された顧客本位の投資商品である,つみたてNISAとは何かについて紹介させてもらいました。

投資は怖いという初心者の方も多数おられますが,年金制度やゼロ金利時代と呼ばれる現在,自分の資産は自分で守るものです。 (偉そうな私ですね)

つみたてNISAとはいつでも解約可能な方法なので,まずその世界に触れる良いキッカケだと思います。

こんな時代だからこそ顧客本位のつみたてNISAで効率良く自分の資産を運用していきましょう(^^)

私もおかんに社会人になった時,口酸っぱく「毎月5,000円でも良いから貯金しろ!」と言われてきました。

今はこのつみたてNISAでその教えを実行しています。長期投資なので短い価格変動にあたふたすることも無く続けられています。

将来を楽しみに毎月お金を積立していますよ(^^)

※金融機関のCMじゃありませんが…「投資は自己責任・余剰資金」で行いましょうね(^^;)

無料で投資の世界に触れてみるなら

口座開設は0円で可能!